育児

2004.06.17

ZAKZAK:PTA会長

ZAKZAK:極悪PTA会長御用、欠けた小指をちらつかせ…

hiw氏のハートをくすぐったニュース。むろん西村夫妻(妻はPTA役員)もお互いに「これ見たっ?」と。

大阪市の市立中学校PTA会長が欠けた小指を見せ、「わいは暴力団の現役組員やで!!」と威圧、動じなかった相手を殺そうとしたとして16日までに、福島署に逮捕された。

“PTA協議会総会で、協議会会長の再任を反対され、チョー不機嫌に”なったのだそうで(チョーって…ZAKZAK…)。

総会後、顔見知りだった同協議会の市立幼稚園PTA副会長(31)に、「目つきや服装が気に入らん」と因縁をつけ、「わいを誰だと思うとる? △△組の現役組員やで!!」と、小指が欠損した両手を見せながら威圧した。
しかし、副会長が脅しに動じなかったため、メンツを傷つけられたと逆恨み。果物ナイフを隠し持って副会長を待ち伏せしていたところ、関係者の通報で御用となった。
容疑者は平成2、3年ごろまで暴力団組員だったと供述しているが、今は「現役」を“引退”した身。2人の子供がいることで教育に目覚め、PTA会長として熱心に活動していたというが、周辺の評判は悪く、元組員の“地金”は隠しようがなかったようだ。

なんかこう、正しいやり方ってのを学ぶ機会がないままここまで来てしまったのであるなぁ。それにしても副会長カコイイ。

|

2004.06.05

めあて

ムスコ8歳が、「ぎゅうにゅうのんでいい?」と言う。「ああいいよ」と答える。

冷蔵庫を開けながら、ムスコ、「ぼくのめあては…」

なに? どんな魂胆? とドキドキしていたら「…ぎゅうにゅうを、いちにち2はいのむこと」だそうな。

なんで「今月のもくひょう」ではなく「今月のめあて」と表現するんだS小学校。“ひらがなに開くだけじゃ意味をなさない言葉”ってことなんじゃろうか? ふりがなじゃだめなんじゃろうか? うーむ。

|

2004.03.20

Windows95

西村@2004年度PTA書記、引き継ぎ作業のため学校へ。「なんかね、三四郎?のファイルなのよ。あと一太郎」「うち、Wordなら使えるんだけど…」のような会話を聞いていたので、どんなことになっているやらと見てみたらWindows95のデスクトップ(壁紙は桜)に一太郎・花子・三四郎のアイコンが。

まぁコンバートできるだろ、と思いながら良く見てみると、Microsoft Office2000も入ってるでやんの。学校で購入したやつじゃなくて、誰か個人がこっそり入れちゃったんじゃなかろうか。…まぁ深く追求せずに使うことにする。どうせ印刷するだけだし(家だとB4出力ができないのだ)。

ファイルがどこにあるやらわからない状態になっているらしいので、ちょこっと探してみることにする。そこそこまとまっているけれど、"アンケート結果.xls"なるファイルがC:\とマイドキュメントにあって、それぞれ全く違う内容だったりするなど、混乱の後も見えたりもし。

この際だから年度別のフォルダを作ってとりあえず放り込んで置くことにする。そういえば、ディスクの空きってどのくらいだろう? ああ、1/3空いてるのか。…って731MBって何? と思ったら、そうだよね、この時代のハードディスクは2GBで大容量だったんだよ。桁が2つ違うよママン。でも私が始めて買ったハードディスクは確か20MBだったね。やっぱり桁が2つ違うんだね。

という具合なので、ディスク中にあるデータファイルを全部集めてもフロッピーディスク1枚に収まってしまうのでありました(最近の書記さんは自宅からフロッピーディスク持参で作業していたらしく、ハードディスクにあるのは数年前のファイルがメイン。やっぱりフロッピーディスクなのだね)。

新しいパソコンを入れてはだめなのだろうか。KnoppixでOpenOffice.orgってのはどうだろうか。でも、一生懸命覚えてどうこうするほど使用頻度高くないんだろうな。古いパソコンでも普通に使えているってのはそれはそれで良いモノであることよ。

それにしても、マウスのダブルクリックの間隔が一番遅くなっているのには参りました。

| | トラックバック (0)

2004.03.17

感謝のキモチ

ムスメ卒園ということで、担任の先生おふたりへ「感謝のキモチ」を作り、みんなで渡そうということになりました。

先生へ(1)
先生へ(2)

いよいよ本当に卒園なのであるなぁ。

|

2004.03.06

Webページにふりがな(ひらがなゲートウェイ)

ムスコ@小1があやとりにはまっている(少し前にムスメ@年長組で流行っていた)。もう私の知らない技も山ほど知っていて何も教えることができないので、あやとりの本でも…と検索していたらあやとりのぺえじ発見。おお、これは、とプリントアウトしてムスコに見せようとしたが、1年生には読めない漢字が使われている。うーむ。

そういえばどこかに読み仮名をふってくれるサイトが…と探して見つけたのがひらがなゲートウェイ。いろいろ便利なサイトが増えているなぁ。ありがたや。

変換系ゲートウェイといえば、Nihon - 「日本語」フィルターなんてのも。各地にいろいろあるらしい。これらはDOS時代の名作OSAKAが元になっているのであろうなぁ。ちなみにWTERM+OSAKAで“パソコン通信のログをぜんぶ大阪弁で読む”なんて使い方がありました(確か)。

| | トラックバック (0)

2004.03.04

3月をなめてました。

こんなに忙しいものだとは思わなんだ。

小学校PTA引き継ぎ(来年から役員)、
保育園卒園の謝恩会準備 ※私は参加者確認(ほぼ完了;よくがんばった>俺)、
学童保育キャンプの会場確保と下見(去年から役員)、

子ども達それぞれがお別れ遠足(ってことはお弁当や水筒が必要)、
24日からしばらくは毎日お弁当作り、

小学校入学の準備、

田舎で法事、
青色申告用の書類作成&申告、

プラス、メインの仕事(普段の倍)、臨時の仕事(こっちも倍)。


むーりーでーすー
むーりーでーすー。

忙しいと燃える質だけどモノには限度ってものが。今月はQujilaのライブもあるのに。

|

2004.03.02

ITmedia: 赤ちゃんの泣き声分析器「WhyCry」を、本物の赤ちゃんに試す

ITmedia ライフスタイル:赤ちゃんの泣き声分析器「WhyCry」を、本物の赤ちゃんに試す (2/2)

うおーーー。試してみたい(できれば自分の声で)。

やはり、赤ちゃんの精神状態を安定させるには、親がゆとりを持って臨むのが一番。そう考えるなら、育児に自信がない段階でWhyCryという「安心」を1万6800円で買うことは、1つの選択肢といえるかもしれない。

真面目な話、そうなんだよなぁと思う。保育園に通い始める時なんかも、親が安心しているかどうかっていう要素は想像以上に大きい。親が安心してないのに安心するアカンボはめったにいないもんな。

|

2004.02.24

ウサギのぬいぐるみ

ムスメ6歳が、玄関のホワイトボードに「うさちゃんの毛が抜けちゃったのでお洋服を作って」とメッセージを残していたらしい。全く読めない仕上がりだったが、パパにそう伝えたのだそうな。

このうさちゃんは1999年4月、あね宅へ遊びに行くときにおみやげ代わりに買ったんだっけか。5年弱も経てばボロボロにもなるわな。

こりゃぁ服を着せたくなる気持ちはわかる。が、私には洋裁の心得がない。…ということで、無理矢理毛糸で服を作ることにしてみる。

かなり適当に、行き当たりばったりに編み、なんとなく完成。

まぁこんなところで許してくれないか>ムスメ。かーちゃんはこれでいっぱいいっぱいだ。

…それにしても、このウサギ、今までどこにあったんだ? 別にこれいつも一緒に寝てるとかそういう“お気に入り”でもなかっただろうに。なんか目に付いちゃったんだろうな。

ていうかもう本当に S

|

2004.02.17

子どもに持たせたい端末

あと数年もしたら、子どもにも携帯電話を持たせたいってなことになるんじゃなかろうか(とりあえず息子匠@小1には公衆電話の使い方を教えてテレカを持たせてある)。

しかし持たせたら持たせたで心配事も多いわけで…で、かける相手が限定できる安心だフォンみたいなやつにすればいいんだな…と思うんだけど、限定したいのは“かける相手”だけじゃなくて“かけてくる相手”もなんだよな。で、「特定の番号からしか着信できません」とアナウンスして欲しい(特定の相手を着信拒否してる状態はなんだか感じ悪いので)。

携帯電話は人間を操作する「リモコン」として機能してしまうことがあるので怖いです。親が子に渡す携帯電話は「監視モニター」になっちゃったりね。携帯電話を持たせる親(=私)は、自分が“子ども操作”に使用してしまわない様自戒する必要がある、けど、“不特定の誰か”にまでそれを期待できるかというと…。

もちろん、子どもを“操作されない人間”として育てるのが最重要なのだけど、成長過程ってぇもんがあるわけで。

まぁ携帯電話を持たせないってのが正解っぽいです(が、そこはそれ諸般の事情が待ちかまえているのに違いない)。

|

2004.02.10

「カラフルランドセル、定番の『赤』抜いてアカ抜けた」

ZAKZAK

オシャレ志向は加速する一途で、業界からは何と「来年は柄モノで勝負!」なんて声も-。

柄モノはさすがにどうかと。
度を超しちゃうと「赤と黒以外ダメ」とか「指定メーカーのみ」とか、ばかばかしい話になっちゃうんだよなきっと。

そもそも6年間使う前提な品に柄モノ(どうせみんなキャラクターもんにちがいない)はかなりチャレンジング。

|